Blog

[ 自然に抱かれた心地よい空間で、美しさと健やかさを手に入れる ]

[ 湘南鎌倉総合病院 山下理絵先生 ]

「葉山発」アンチエイジング専門総合医療、『クリニーク・ラ・プラージュ・葉山』抗加齢・美容医学センターを開設

「老い」はだれにでも確実にやってきます。老化が万人に同じにそして計算通りにいけば、あれこれ論んじても無意味なことですが不確実であるがゆえに、なんとかコントロールできないかと知恵をしぼっています。それが、今はやりのアンチエイジングです。
形成外科や美容外科、皮膚科では、皮膚の老化の治療をしていますが一番の治療は予防です。
皮膚の老化を促進させる悪役は、1.炎症、2.酸化、3.乾燥です。紫外線や皮膚の炎症性疾患(にきびやアレルギー)、摩擦、喫煙、冷暖房などが原因で、皮膚の細胞やDNAはこわれ老化は進行します。
それにより、しみ、しわ、いぼ、たるみなどの症状として顔に現れます。年をとるのであれば、きれいに、そして、できればなるべく若く見られたいとう希望は誰もがもっています。
2004年8月より、アンチエイジング外来を、湘南鎌倉総合病院の関連施設である、葉山ハートセンター内の最上階に、クリニーク・ラ・プラージュ・葉山という名前で開設いたしました。
自分の老化度を知るエイジングドッグ、アンチエイジング外来を主に若返りの運動療法、サプリメントドックなども行っています。
内科、泌尿器科、整形外科、婦人科、そして美容外科医が、チームを組んで行っています。
私が担当している美容外科は、毎週金曜日午前中、まず美容皮膚ドックを行い、検査結果に基づいて、美肌、美容に対するアドバイス、しみやしわなどの皮膚老化の悩みに対する治療方針の提案、そして実際の治療を行っています。葉山御用邸を目の前に見下ろす、すばらしい景色日本のコートダジュール、リラクゼーションしながら若返りをはじめてみませんか?尚、ドック、診察は完全予約制です。


山下 理絵
[コラムのINDEXPAGEへ戻ります]